003エンターテイメント

003エンターテイメント

愛犬「ご飯の時間よ」と呼びに来たご主人から、口の中の秘密を隠そうとして挙動不審になる

 何か小さいものを隠そうとして、とっさに口に入れちゃった…!というのは、フィクションの世界ではあるあるだけど、リアルではどうなんだろうか。  今回登場するわんこは、それを実際に実行してしまったみたいなんだけど、飼い主さんから見たらバレバレだったようなんだ。 続きを読む
003エンターテイメント

天才と呼ばれるの子供たちを45年間追跡調査。彼らはどのように成長したのか?

 1960年代、アメリカの心理学者ジュリアン・スタンリーは、成績がトップクラスの7年生(日本の中学1年生に相当)を全米から集め、標準的な大学入試を受けさせるという実験を行なった。  すると、彼らは大学進学を希望する一般的な高校3年生よりも高得点を取った。そうした子供たちはただテストの点がいいだけではなかった。定量的思考、論理的思考、空間的思考において並外れた能力の持ち主だったのである。  スタンリーはこうした天才児たち「ギフテッド」と呼んだ。日本で言うところのの神童ような子供たちである。  研究に参加した神童の中には、政治、科学、工学、ビジネスエンジニアといった各分野で代表的な人物にまで成長した者たちもいる。もちろんそうでない者もいる。  その明暗はどのようにして別れたのか? 彼らを追跡調査した45年にわたる研究からは、必ずしも才能だけではないことが明らかになった。 続きを読む
003エンターテイメント

「ウォーリーをさがせ!」の本からウォーリーを素早く見つけるコツ

Newウォーリーをさがせ! / image credit:amazon  日本でもお馴染みの『ウォーリーをさがせ!』は、1987年に出版されて以来、世界中で愛されてきた。  かわいらしい絵柄の風景に隠れた赤と白のボーダーの服を着たウォーリーを探すのはとても楽しいし、発見したときの喜びだって味わえる。だけど見つからないとイライラしたりなんかして、効率的な見つけ方があればなーなんて思う人もいるかもしれない。  そんなときはこれから教えるコツを試してみるといい。用意するのは定規か巻き尺。ウォーリーの隠れ場所にはある傾向があるようなのだ。 続きを読む
003エンターテイメント

火の玉となって太平洋へと消えていく。国際宇宙ステーションから切り離されるモジュールの様子をとらえた映像

 今年7月26日に運用終了につき国際宇宙ステーションISSから切り離されたロシアのモジュールを見送る壮大な映像が話題を呼んでいる。  そのモジュールは2001年の打ち上げ以来、長きにわたり船外活動や物資の供給に貢献したドッキング室「ピアース(Pirs)」だ。  まもなくやって来る新モジュールに席を譲るため、役目を終えたピアースは再び大気圏に突入。その機体は火球のごとく燃え、残骸は南太平洋に落下した。  寄る辺ない空間で20年続いたISSとの結合を解かれ、遠ざかっていくモジュールの姿はある意味切なく、永遠の別れを惜しんでいるかのようだ。 続きを読む
003エンターテイメント

台風で洪水発生、水浸しになりながらネットカフェでゲームをプレイし続けるフィリピンの子供たち

 フィリピン、リサール州では7月22日、台風による洪水が発生し、多くの住宅が床上浸水となる被害を受けた。  同州にあるネットカフェでは、雨水が大量に流れ込み、椅子の脚を埋め尽くす勢いで迫っているにもかかわらず、子供たちは熱心にゲームを続けていたようだ。 続きを読む
003エンターテイメント

猿の軍団 vs 猿の軍団の熱い抗争が路上で勃発。大量の猿が道路を乗っ取り交通が止まる

 2つの大きな猿の軍団による抗争がタイの路上で勃発した。彼らに一体何が起きたのかはわからないが、道路に結集した猿の数は百を超えるレベル。この事態により、タイの主要道路の交通が止まったそうだ。  ある見物人は「長いことこの地に住んでいるが、これほど多くの猿たちが互いに争っているのを見たのは初めて。ギャング映画を見ているようだ」と語っている。 続きを読む
003エンターテイメント

片頭痛の人にVRでジェットコースター体験、脳内で何が起きているのか?その謎に迫る

 片頭痛に悩む人は日本人全体で8.4%(男性は3.6%、女性は12.9%)と割と多いが、その原因は謎に包まれている。片頭痛が発症しているとき、脳内で何が起きているのか?その謎を解明すべく、ジェットコースターをVR(仮想現実)で体験してもらうという実験が行われた。  なぜこんな風変わりな実験をしたかというと、片頭痛の人と乗り物酔いの関連性を調べるためだ。実際に片頭痛の人ほど乗り物酔いしやすいことがわかった。『Neurology』(7月21日付)に掲載された研究では、その謎に迫っている。 続きを読む
003エンターテイメント

がんばれお母さん!8匹の子猫に平等にお乳を与える母猫の授乳スタイル

 猫は一度の出産で平均3~5匹出産すると言われているが、このお母さんは8匹の子宝に恵まれたようだ。  だがこの数が授乳にはちょうどよかったのかもしれない。お母さんの8つの乳首をフル活用し、一度に8匹の子猫にお乳を与えることができるのだ。  それを可能にするにはやはりこのスタイルなのだろう。お母さんはあおむけになって手足を伸ばし、子供たちがお乳を吸いやすいように体勢を保っている。 続きを読む
003エンターテイメント

3人の医者から死亡宣告された囚人男性、解剖前に息を吹き返すミステリー

 スペインの刑務所が、なんとも奇妙な出来事に頭を悩ませている  3人の医師から死を宣告されたひとりの囚人が、いざ、解剖を始めようという数時間前に、死体安置所で突然目を覚ましたのだ。 続きを読む
003エンターテイメント

例え子犬でもグレートデンとぶつかるとこうなる。芝生を駆け回っていた子供に走り寄ったグレートデーン、タックルを決めてしまう

image credit:YouTube  在宅ワークの人が増えたといっても、朝のラッシュ時は慌ただしいことに違いない。そんな時はつい急ぎ足になってしまって周りのことが見えないかもしれないけれど、この動画みたいなアクシデントに合わないよう落ち着いていこう。  芝生の上でキャッキャウフフと走り回っていた子供たちだったが、その様子を見ていたグレートデーンが混ざりたくなったのか弾丸のように走ってきた… 続きを読む
003エンターテイメント

ハーバード大の天文学者、地球外知的生命体の存在を証明するため「ガリレオプロジェクト」を発表

 アメリカの一流名門大学、ハーバード大学の天文学者らによって、地球外文明やUFOの存在を証明する新プロジェクトが発表された。  新たに発足した「ガリレオ・プロジェクト」の目的は、「地球外が起源である技術的サインの捜索を、偶発的・逸話的な目撃や伝説から、透明かつ正当で系統立った科学的研究のメインストリームに引き上げること」である。 続きを読む
003エンターテイメント

15000人以上のバイカーが終結!バイクが大好きな末期ガンの少年を励ますためのパレードが行われる

 ドイツで、末期のがんと診断された6歳の少年を励ますために、15,000人以上のバイカーが集結し、パレードが行われた。  ニーダーザクセン州ルハウダーフェーンに住むキリアンくんの両親は、医師から末期であることを告げられ、彼のために何かしてあげられないかを考えた。  キリアンくんはバイクが大好きである。そこで、両親はTwitterで市内のバイカーに呼びかけ、何台かで家の前をバイクで通り過ぎてくれるようお願いした。  このつぶやきはドイツ全土に広まり、予想をはるかに超える15000人以上のバイカーたちが集まり、一大パレードとなったのだ。 続きを読む
003エンターテイメント

親子で違う色に光る!子供を背負うサソリが紫外線ライトで光る様子を撮影した動画

 節足動物の一種で鋏角亜門クモガタ綱に分類されるサソリといえば、ハードな外骨格にカニみたいなハサミ、毒針つきの尾をキュッと上げる威嚇ポーズが定番だが、そんなサソリの特異体質が話題になっている。  このほど脚光を浴びたのは育児なうで赤ちゃん集団をおんぶしてる母親サソリ。そこに紫外線ライト(UVライト)を当てるとなんと!母親が水色に、子供たちが紫色に光るではないか。  子どものおもちゃみたいな現象にネットも騒然。「やべえゾワゾワする」「背中の赤ちゃんすご」「怖いんだけどつい見ちゃう」なんて声が殺到してるのだ。 続きを読む
003エンターテイメント

目の前にいた息子が突然連れ去られる!母親は車の窓から息子を引っ張り出し決死の救出成功

 アメリカ、ニューヨーク市の路上で、母親の目の前を歩いていた息子が誘拐されそうになるという事件が発生した。  幸いにも、母親と子供たちは車に押し込められた男児を引っ張り出し、危機一髪で連れ去られるのを阻止することができた。その後、容疑者の1人が逮捕されたが、もう1人は未だ逃走中だという。 続きを読む
003エンターテイメント

不機嫌顔の猫と笑顔満面の犬のナイスコンビ。白い2匹が溶けて交じり合うハッピーライフ

 幸せそうな満面の微笑を見せる白いサモエド犬と、その上に乗っかって不機嫌そうな表情をしている、これまた白いヒマラヤン・ペルシャの猫。  液体化できる猫が犬と同化し、見事に溶け合っている感じなのだが、その表情のコントラストが対照的で面白い。  この2匹はニュージーランド南島、クライストチャーチで仲良く暮らしている。不機嫌そうな顔をしてても猫は最高にご機嫌なのだ。 続きを読む
003エンターテイメント

熱波による水温上昇に耐えきれず、体に異変をきたすサケ(鮭)が続出

 ここ数年、世界は記録的な熱波に見舞われている。今年6月以降、カナダ・ブリティッシュ・コロンビア州では50度近い記録的な猛暑が観測され、480人以上の人が突然死している。  だが暑いのは地上だけではなく水中も同様だ。この時期のコロンビア川には、産卵のためにサケが海から里帰りしてくるのだが、その体に異変が起きている。  非営利団体「コロンビア・リバーキーパー(Columbia Riverkeeper)」が公開した動画には、真っ赤な傷口や、菌類に感染して白くなった病変など、痛々しいサケたちの姿が映し出されている。  その原因は水温の上昇とそれによるストレスであるという。 続きを読む
003エンターテイメント

浄化タイム。毎朝猫のおもちゃを運んできて、猫と遊んであげるのが日課のジャーマンシェパード

 なんだろうこのやさしい世界。毎日の積もり積もった心の汚れが浄化されていくようだ。ジャーマンシェパード犬は、毎朝必ず猫じゃらしを口にくわえて猫の近くにやってくると、それで猫と遊ぶのが日課となっているという。  この猫は家の近くのゴミ箱のそばをうろついていた野良の子猫だったそうで、家族として迎え入れたという。  最初は心を開かなかった猫だが、ジャーマンシェパードはそんな猫をいつも気遣っていた。ついに猫は心を開き、今では家族の一員として皆と仲良くやっている。 続きを読む
003エンターテイメント

監視カメラが2回とらえた、庭をうごめく黒い影。恐怖に怯える住人は司祭に祝福を頼む

 スコットランド、グラスゴーに住む住民の家の庭に不気味な黒い影が浮遊しているという。何度も出現しているようで、少なくとも2回は家の前に設置してある監視カメラにとらえられていた。  恐怖に怯える住人は、司祭に助けを求め家を祝福してもらうよう依頼したという。   続きを読む
003エンターテイメント

犬と子猫の優しい時間。ハスキーの優しいまなざしに見守られてのびのび遊ぶ子猫たち

 甘えん坊なよちよち子猫と、それを優しく見守る犬…という構図は、マランダー的にはすでに珍しくないものとなっている。  が、だからと言ってその可愛さ愛くるしさは少しだって減るもんじゃない。むしろどんだけ見てもさらにほっこりあったかい気持ちが積み重なっていく気がするよ。  今日はまたまた、そんな優しいハスキーと子猫たちのひとときをシェアするので楽しんでね。 続きを読む
003エンターテイメント

脳とコンピューターをつなぐ技術で本物のサイボーグが誕生する近未来。脳が覗き見され、格差が広まると研究者が警鐘を鳴らす

 人間がコンピューターと融合し、生身の体をはるかに凌駕する能力を手に入れる。電脳化、いわゆるサイボーグの登場は、そう遠くない未来に実現すると予測されている。  人間の脳とコンピューターを接続・統合する技術「ブレイン・コンピューター・インターフェース(BCI)」が目覚しい進歩を遂げているからだ。  これは人間の定義すら書き換える可能性がある圧倒的で革新的なテクノロジーだ。それがもたらす恩恵は計り知れないだろう。だが、社会に多大なインパクトを与える新しい技術は、良いことだけをもたらすわけではない。  『APL Bioengineering』(7月20日付)では、インペリアル・カレッジ・ロンドン(英)の研究グループが、BCIでサイボーグが誕生した未来に起こるであろう問題を指摘している。 続きを読む
003エンターテイメント

戦時中、兵器を作る材料として集められた教会や市庁舎の鐘の保管場所「鐘の墓地」

image by: Grassmayr Bell Museum/Wikimedia Commons  二度の大きな世界大戦では世界各国で兵器を作る金属資材が不足していた。特に教会や市庁舎の鐘は青銅製であることから、戦時中は重要な素材となるため、ドイツでは自発的、あるいは国から強制的に徴用され、溶解されて軍需産業に使用されたのである。  これらの鐘が集められた場所は「鐘の墓地」と呼ばれている。 続きを読む
003エンターテイメント

日焼けアルアル。今年の夏はマスクに注意な12のケース

 油断しているとこんがり、あるいは赤く焼きあがってしまうのが日焼けだ。日焼け止めを塗り忘れた日にゃ、タトゥのごとく、何かに覆われていた部分とくっきり色分けされてしまう。  日焼けは紫外線によるものなので、晴れの日限定ではない。曇りの日でも野外に長時間いたらしっかりくっきり焼けてしまうのだ。  今年はまだまだマスクを外せない雰囲気なので、特にマスク焼けには注意したいものだ。ここでは、良からぬ焼け方をしてしまった人々のケースを見ていくことにしよう。 続きを読む
003エンターテイメント

高所恐怖症注意。高さ320メートルのクライスラー・ビルの塔に登って自撮りする、プロフェッショナル高所作業職人

 ニューヨークにある超高層のクライスラー・ビルの最頂部の高さは320メートル。建物の上の鉄塔もメンテナンスが必要だ。そんな、高所恐怖症には耐えがたい高さで作業を行うのがプロフェッショナルの高所作業職人である。  このビルの定期的なメンテナンスを行っている、ColeNYC社のマスターリガー、ジェームズ・マークスベリー氏は、ハーネスを装着してこの超高層ビルの頂上にある急勾配の尖塔の最上部まで登っている最中に自撮り撮影を行った。  高所恐怖症である私はすでにファーストショットでクラックラなんだけども、高さを何とも感じない遺伝子とかってあるのかな。 続きを読む
003エンターテイメント

「あの時助けてもらったアライグマです」道に捨てられていたアライグマを保護したところ、野生に帰した後も会いに来るように

image credit:instagram  10年前に救ってくれた一家のもとを訪問し続ける野生のリスなど、大人になって自立してもお世話になった人を恋しく思う野性動物は意外と多いかもしれない。  カナダ在住の動物学者ニッキーさんと母親のリンダさんは自然と動物が大好き。そんな母子の元を、ふらりと訪れてくる野生動物がいる。  その気まぐれな動物は、4年前の赤ちゃん時代、道に捨てられていたところを保護し、大きくなるまで面倒をみていた孤児のアライグマだ。  大人になり、野生に戻っていったのだが、当時育ててもらったことを忘れていないようで、時たま実家を訪ねては懐かしそうに甘えてきちゃうんだそうだ。 続きを読む
003エンターテイメント

人間にとってかわいくない生き物だって、平等に守るべき命である

 ここ数年の異常気象のおかげで、世界各地で山火事や洪水、熱波などの自然災害が多発しており、野生でくらす生き物たちも大打撃を受けている。  オーストラリアを襲った森林火災で火傷を負ったコアラたちの姿を見て、心を痛めた人もたくさんいるだろう。  だが、そうした危機に直面している動物の中には、ヘビ、コウモリ、クモといった人間に忌み嫌われる生き物たちもいる。  彼らをかわいいと思う人は少ない。それどころか嫌悪感を持つ人も多い。それでも人間がかわいいと感じている他の動物たちと同じように守るべき命だと、さまざまな専門家がVICEで伝えている。 続きを読む
003エンターテイメント

猫が!猫が!犬が!指鉄砲で次々と倒れていく死亡遊戯の連鎖

 飼い主が指で鉄砲の形を作りバンッ!と撃ったふりをすると、ゴロンと倒れる猫。だが1匹だけでは終わらなかった。  隣にいた猫が、最後には犬まで指鉄砲で倒れてしまう、見事なる死亡遊戯の連鎖だ。飼い主は3匹を次々と倒しこのゲームステージをクリアしたようだ。 続きを読む
003エンターテイメント

本当にあった世にも奇妙な疫病。感染すると死ぬまで踊り続ける「踊りのペスト」

 現在、世界では新型コロナウイルスが大流行し、大勢の人が亡くなっているが、これまで様々な感染症が人類を脅かしていた。  中には信じがたい感染症が流行したことがある。12世紀から16世紀にかけてのヨーロッパで、死ぬまで踊り続ける「踊りのペスト」という奇病が流行ったそうだ。  「踊りのペスト」にかかった者は、いきなり手足をくねらせながら踊り始め、疲れ切って倒れるまで踊るのをやめず、しまいには、心臓発作や脳卒中で死んでしまう者も続出したという。  しかもその原因はウイルスなのか?細菌性のものなのか?そもそも感染性のものなのか?今でもよくわかっていないという。 続きを読む
003エンターテイメント

猫を愛する猫飼いネイサンさんの愛猫ピクルスさん、そのオコ顔が人気で個別インスタグラム爆誕か

image credit:Instagram  最近ご無沙汰になっていたけれど、猫パパ兼俳優兼モデルのネイサンさんは今も元気に変わらず猫への愛にあふれた活動を続けている。  プリンセスさん、アニーさん、ジンジャーさん、ピクルスさんという四匹のかわいい猫に囲まれて愉快な毎日をInstagramで紹介してくれているんだけど…。愛猫のうちの一匹、ピクルスさんの常にキレ顔の子について個別のアカウントを作ったみたいなんだ。 続きを読む
003エンターテイメント

数学の能力は2つの神経伝達物質と関連。その量を調べることで、数学的能力がどの程度あるかを予測できる

 数学は得意?苦手?そもそもそれすらわからない?実はあなたの数学的能力を調べる方法があるという。  『PLOS Biology』(7月22日付)に掲載された研究によると、数学の能力は、脳内の神経伝達物質「GABA」と「グルタミン酸」に関係しているのだそうで、それらの量から予測できるのだそうだ。  ただし子供と大人ではその量の比率が真逆となる。子供の場合、GABAが多くグルタミン酸が少ないほど数学が得意であるが、大人の場合はGABAが少なくグルタミン酸が多い方が数学的能力が高いことがわかったのだ。 続きを読む
003エンターテイメント

スペースインベーダー全盛期、1979年東京のゲームセンターの様子を記録した映像

 今から40年以上前、日本の若者たちの間でアーケードゲームが大ブームとなった時代がある。株式会社タイトーが1978年 に発売した「スペースインベーダーゲーム」が空前のヒットとなり、数々の社会現象を巻き起こした。  この映像は1979年、東京新宿にあったゲームセンターの様子を記録したものだ。 続きを読む
タイトルとURLをコピーしました