巨人伝説のあるジャール平原に点在する巨大石壺の謎に関する新たな手がかり(ラオス)

003エンターテイメント
この記事は約1分で読めます。

ジャール平原の巨大石壺の謎
photo by iStock
 長いこと考古学の謎とされていたラオスのジャール平原の遺跡について、新たな洞察が明らかになってきた。
 ジャール平原は、ラオス中部のシエンクワーン県、アンナン山脈の北端に位置するシエンクワーン平原のことだ。ここには2100個以上の巨石をくり抜いて作った謎めいた巨大な石壺が400箇所以上に点在している。
 壺のサイズはさまざまで、長さが3メートル近くになるものもあり、誰がいったい何のために作ったものなのか、はっきりとしたことは分かっておらず、ずっと考古学者たちの想像力をかきたててきた。
続きを読む

タイトルとURLをコピーしました