「はい、そこの車止まって!」カナダ警察が飲酒運転を疑って停止させた車、実は自動運転だった件

003エンターテイメント
この記事は約1分で読めます。

不審な走りをする車、飲酒運転化と思ったら自動運転だった件
photo by iStock
 車内で映画鑑賞、あげくパトカーと衝突したドライバーなど、車の自動運転機能にまつわる事故が物議をかもす中、カナダ警察が混雑する公道で危険な運転をする車を一時停止させた。
 混みあう一般道で不審な走行をする1台の車。スピード違反ではないものの、パトロール中の巡査は長年の経験から飲酒運転を予想していた。
 ところが検査の結果、ドライバー含む乗員2人が共にしらふであると判明。ならなぜこんな運転を?と聞き出したところ、自動運転機能で走行していたという。
続きを読む

タイトルとURLをコピーしました