孤児になった子ギツネが保護区へ。ある男性と出会った瞬間に深い絆を結び大親友となるまでの物語(イギリス)

003エンターテイメント
この記事は約1分で読めます。

孤児となった子ギツネと親友になった男性の物語
image credit: youtube
 猟犬に襲われて母親を失い、孤児となったキツネが野生動物救済団体の職員に保護され、保護区へと運び込まれた。
 まだ小さなその子ギツネは、保護区を訪れた狐の保護活動を行っている男性にロックオン。いきなり近づくと男性の袖の中に入りこみ、そこで眠ってしまうほどに気に入ってしまったようだ。
 男性は仮里親としていったんこのキツネを自宅で預かり、保護区に帰した後も両者は大親友として深い絆を結んでいるという。『Metro』などが伝えている。
続きを読む

タイトルとURLをコピーしました