003エンターテイメント

ハッカー集団「アノニマス」が、「疫病のノストラダムス」と呼ぶビル・ゲイツに書簡

 ついに世界の感染者数累計が100万人を突破してしまった新型コロナウイルス。世界中の研究者がその治療薬やワクチンの開発に懸命に取り組んでおり、あのビル・ゲイツ氏もその支援に乗り出している。  ゲイツ氏は数年間から将来的なパンデミックの危険性について警鐘を鳴らしていた。  たとえばゲイツ氏はかつてTED Talkで、私たちが心配せねばならないものについて、「ミサイルではなく、疫病です。私たちは次のパンデミックに対する備えができていない」と語っていた。    より最近では、ワシントンポスト紙への寄稿の中で、感染症の拡大を防ぐために、政府は全国的な封鎖政策を敷くべきだと主張していた。 続きを読む
003エンターテイメント

鼻をポチッとな。キツネの鳴き声音声テストをしてみたら…?

image credit:YouTube  朝のこの時間ってのは目は一応開いているけどまだ脳が眠りから覚めていないみたいな感じがする。そんな朝はキツネの甘えた鳴き声でも聞いて、萌えによる覚醒を感じてみようじゃない?  鼻をポチッとなすると鳴き声が出る仕様…としたかったわけだけど、のんびり屋さんのキツネのようで自由気ままに鳴き声を出しているよ。そののびのび加減がとってもかわいいわけだ。   続きを読む
003エンターテイメント

ブラジル・コラレス島で起きたUFO襲撃事件の真相は?(1977年)

ktsimage/iStock  UFOとの遭遇の形はいろいろあるが、すべてのUFOが友好的であるとは限らない。  1977年、ブラジル、パラー州コラレス島では、複数のUFOが目撃され、強いビーム光線を発射し、街を焼け野原にし、市民を攻撃したという事件が起きたと言われている。 続きを読む
003エンターテイメント

世界的有名な美術作品を閲覧したり、無料ダウンロードできる31のサイト

image credit:Art Institute of Chicago The Bedroom/Vincent van Gogh  インターネットが普及し始めた頃、オンラインスペースの流動性が芸術作品の鑑賞体験にどのように影響するのかということについて、芸術家やキュレーターら専門家は戸惑いを隠せなかったようだ。  しかし、現在では多くの美術館や博物館がオンラインで多くのコレクションを閲覧もしくは無料ダウンロードできるように公開している。  今回、31の世界一流の美術館の膨大な作品がオンライン上で楽しめるリストを紹介しよう。 続きを読む
003エンターテイメント

ガレージセールで買った約1万円の菩薩像がオークションで約2億円で落札されるという奇跡!(アメリカ)

image credit: youtube  時に思わぬ掘り出し物に出会うガレージセールやリサイクルショップ。その時安く購入した物が、後にとんでもない価値であることがわかったという事例も決して少なくない。  2017年に、アメリカのミズーリ州に住む女性が地元のガレージセールで、100ドル程度(約1万円)で購入した中国の菩薩像も、そのひとつだったようだ。  女性が、テレビの公開ショーにてその銅像を鑑定してもらったところ、10万ドル以上の価値であることがわかった。それだけでもびっくりなのに、後にその菩薩像はオークションにかけられ、200万ドル(約2億円)で落札したという。 続きを読む
003エンターテイメント

都市封鎖中で落ち込む人々にコスプレで笑顔も届ける郵便配達人(イギリス)

image credit:jon_the_viking_matson/Instagram  イギリスでは新型コロナウイルスの影響で、3月23日よりロックダウン(封鎖)に入った。そのため、医療従事者や配達員、スーパー勤務といった“キーパーソン(Key Person)”以外の人々は、買い物などどうしても必要な時以外の外出を固く禁じられている。  今やインターネットがある時代とは言え、いつまで続くのかわからない外出自粛命令は人々の気分をかなり滅入らせる状態となっている。  そんな中、あるひとりの郵便配達人の男性が、少しでも人々に笑顔をもたらそうと、コスプレで郵便を届けることにした。 続きを読む
003エンターテイメント

男性が連れていた犬に違和感を感じたバス運転手、犬が盗まれていたことに気づき飼い主に返す(アメリカ)

image credit: youtube  大切な愛犬が突然行方不明になってしまったら、飼い主は不安と心配で落ち着かない日々を過ごすことだろう。  アメリカのオレゴン州で、1匹のラブラドール・レトリバーが、飼い主宅から姿を消す出来事が起こった。  しかし、地域のバスの運転手が犬を連れた男性の不審な行動に気付き事態を察知したおかげで、犬は無事に飼い主のもとへ戻ることができた。 続きを読む
003エンターテイメント

新型コロナウイルスは地球の振動にも影響を及ぼしていた(ベルギー研究)

 新型コロナウイルスのパンデミックは、人々の生活と経済活動を大きく様変わりさせてしまった。その拡散を食い止めるために、街は封鎖され、人々は当たり前のはずだった移動の自由を半ば放棄せざるを得なくなった。  なんと、こうした措置はこの地球の動きにまで影響を及ぼしているのだそうだ。  『Nature』(3月31日付)に掲載されたベルギーの地震学者の報告によれば、地球の地殻が振動する音――すなわち「地震ノイズ」が減少して、静かになっているのだそうだ。  逆にこれは地震を研究する者たちにとっては、小さな地震を検出したり、火山活動を観測したりするチャンスでもあるとのことだ。 続きを読む
003エンターテイメント

ほっとけないよ!飼い主を決して1人にさせないペットたちのいる風景

DefinitelyAFemale / Reddit  ペットたちに飼い主のプライベートゾーンという概念はない。逆に1人で閉じこもっていると心配して様子を見に来たり、ストーカーのごとく、ありとあらゆる場所についてきてくれたりなんかする。  私も猫を飼っているが、もはやトイレのドアを閉めるという概念はなくなった。閉めようもんなら、ドアをカリカリと引っかきまくるので猫が入ってくるのを見越して解放状態にしている。  というわけで、海外掲示板に投稿された飼い主を決して1人にさせてくれないペットたちの様子を見ていくことにしよう、そうしよう。 続きを読む
003エンターテイメント

水平線を七色に彩る美しい虹。こんなときだからこそ、心に潤いを(アメリカ)

Cessna Kutz/Facebook  自然は脅威であるとともに、驚異でもある。アメリカ、ワシントン州サマミッシュ湖を水平に彩る虹も、そんな自然の驚異の1つだ。  湖畔に並び立つ家々や木々が虹色のヴェールに包まれ、おとぎの国のような幻想的な風景が広がっている。  撮影したのはアマチュア写真家のセスナ・カッツさん。午後2時頃に家の窓の外に現れ、5分ほどその姿を見せてくれたという。 続きを読む
003エンターテイメント

イカの模様はコトバだった?体色の変化でコミュニケーションをとるアメリカアオリイカ

 海の中を泳いでいる時、多くのイカたちはその身体の表面の色を瞬時に変化させて、いろいろなパターンを描いている。  カリフォルニアの「モントレーベイ水族館研究所(MBARI)」では、そのパターンの意味するところについての研究をスタートさせたんだそうだ。 続きを読む
003エンターテイメント

火星には起源が異なる2種類の水がある(米研究)

NASA  今のところ、火星へひと走りして、お使いを済ませて帰還などということはできない。だが、ときおり火星よりの使者が地球に来訪することはある。  「NWA 7034」と呼ばれるサハラ砂漠で発見された火星の隕石だ。あるいは、南極で発見され、火星の微生物を含んでいるのではないかと騒がれた悪名高き隕石「アラン・ヒルズ84001」がそれだ。  『Nature Geoscience』(3月30日付)に掲載されたこれらの隕石の分析によると、火星はその初期に、化学的性質が大きく異なる少なくとも2つの別個の水源から水を手に入れていた可能性が高いのだそうだ。  また地球や月とは違い、マグマの海に飲み込まれるような状況は一度もなかったらしい。 続きを読む
003エンターテイメント

新型コロナの対応にあたる医療関係者のメンタルヘルスの悪化が顕著に(アメリカ)

Casarsa/iStock  ここ数日というもの、アイリーン・ウォンさんは、スーパーへ買い物に行ったら何も売っていないという夢にうなされて目が覚めているという。  彼女はアメリカ、ペンシルベニア州で働く泌尿器科医で、対岸の火事と思っていたウイルスが、米国内で急激に広がっていることを不安に思っているとこぼす。  「遠くから津波が迫っているのに、自分も家族も守れないという不安や暗い予感があります。感染者数のグラフを見るのは本当に恐ろしいのですが、こうした心配を口にしても、自分の声は誰にも届かないという気持ちになります。」  ウォンさんは集中治療室の手順について復習しているという。彼女が担当する手術のほとんどは緊急性がないので予定が変更され、今後はコロナウイルス感染症に関連する手術の急増が見込まれるからだ。  また、経済的なストレスも感じているという。彼女の収入は5割から7割程度ダウンしてしまったそうだ。 続きを読む
003エンターテイメント

支配権は人類から山羊へ?コロナで封鎖中の町を120頭もの野生の山羊が占拠中(イギリス)

image credit:Andrew Stuart/Twitter  新型コロナウイルス蔓延でロックダウン(封鎖)が続いている国や地域では、人間がいなくなった街に野生生物が姿を現している光景がたびたび捉えられている。  さてそんな中、イギリス・ウェールズのシーサイドタウンで、野生の山羊の大群が街を占拠したようだ。  人気がいなくなった通りにわさわさと120頭も出現した山羊たちは、町の生垣で自由にランチを楽しんでいるようだ。 続きを読む
003エンターテイメント

これは希少!画像加工なし、実在するリアルな17の驚くべき画像

sebastianmzh/Instagram  画像の加工がお手軽になった今、ネットをどよめかせる奇妙な画像の中には巧妙なコラも含まれがちだが現実世界にはまだまだ奇妙な光景があったりする。  そんな画像が次々舞い込む海外掲示板には、投稿者が実際に目にしたというリアルな写真がユーザーどよめかせている。    見とれちゃうほどよくできたコラもいいけどたまにはリアルで楽しみたい。そんな人におすすめしたい写真の一部を眺めてみよう。 続きを読む
003エンターテイメント

パンにパイナップルをオン!ドイツが生んだハワイアントーストのレシピ【ネトメシ】

 西洋人にとって、パイナップルはハワイなイメージだ。ハワイアンピザといえば、ピザにパイナップルを乗せたもの。では、パンにパイナップルを乗せると?それはハワイアントーストとなる。  実はこのレシピ、ドイツ発祥で、1950年代にドイツの有名なシェフ、クレメンス・ウィルメンロッドによって考案されたものだと言われている。  パイナップルにハムとチーズとあわせてパンに乗せて焼いたハワイアントースト、今ではドイツの典型的な料理として、現地では好んで食べられているそうだ。  ハワイアンなのにドイツ発祥。いろいろややこしいが、とても簡単に作ることができる。さらに日本人の舌に合うように、若干の改良を加えてみた。  ドイツ発祥の日本風のハワイアントースト。さらにややこしくなったが、3つの国をまたいでの壮大なるレシピなんだから。お手軽だけど。 続きを読む
003エンターテイメント

お母さんみたいでしょ?孤児になったシマウマの赤ちゃんの為、ゼブラ柄の服を着てお世話する飼育員(ケニア)

image credit:Sheldrick Wildlife Trust/Facebook  野生生物の世界は厳しい。捕食者から身を守るため、野生動物の赤ちゃんは生まれた直後に自力で立ち上がる力を身に付けなければならないだけでなく、群れにいる母親の存在を直ちに認識しなければならない。  しかし、その瞬間にも敵は容赦なく襲いかかることもあり得る。アフリカのケニアで、生まれたばかりのシマウマの赤ちゃんがひとりぼっちになってしまった。母親が、ライオンの群れに襲われて死んだのだ。  保護団体スタッフに保護されたシマウマの赤ちゃんは、現在スタッフらによる24時間体制のケアを受けているが、スタッフたちは縞模様の服を着て赤ちゃんに接している。それには重要な理由があるようだ。 続きを読む
003エンターテイメント

頭で考えてることが文章化される。脳波を文章に変換するAIが登場(米研究)

Gerd Altmann from Pixabay  心の中で何を思おうがその人の自由だ。公に発言すると問題になるようなことでも秘めたる思いは自分だけのものだ。  だが今や、自分の考えが公然と文章化できる時代がやってきたようだ。新たに開発されたAIは、脳の活動を読み取って、それを文字に変換することができるのだという。  利用方法によっては大変有意義なものとなるだろう。例えば言葉を話せない人や体の自由がきかない人にとっては画期的なツールとなるのだ。 続きを読む
003エンターテイメント

やきもち焼きのハスキー犬。飼い主の電話中、かまっての猛攻撃

 甘えん坊で茶目っ気たっぷり、知能も高く好奇心旺盛で、時に頑固な一面を持っているシベリアンハスキーの魅力はみんなも知っての通りだろう。  もちろん個体差もあるのだが、ハスキーのミリーさん(メス)は、飼い主男性が誰かと電話をしているとやきもちを焼くのだという。  誰かとお話をするなら私をかまって、とばかりに飼い主の通話中に激しいアプローチを繰り返すのだ。  続きを読む
003エンターテイメント

異星人は地球人?かつて地球の古代生命体が彗星に乗って地球から脱出していたという説(米研究)

PhotoVision from Pixabay  ハーバード大学(アメリカ)の研究者が興味深い仮説を提唱している。かつて地球を脱出し、別の太陽系へ飛び立った生命が存在したかもしれないというのだ。  あり得ない説のように思えるが、これまで人類はまさかの発見を幾度もしてきた。もしそうならロマンが広がるSFみがある話じゃないか。 続きを読む
003エンターテイメント

ピューマのメッシ「ボクの大好きなウサギちゃん!」にご飯をあげてとご主人にねだる

 小さいときから「これじゃなきゃダメ!」「この子がいないと眠れない」っていうような人形やぬいぐるみといっしょに育ってきたお友だち、いるんじゃないかな。  ペットたちもぬいぐるみが大好き。あのピューマのメッシくんも、最近プレゼントされたぬいぐるみがとっても気に入ったみたいだよ。  動画にはそのウサギさんにご飯をあげて!ボクにもね!とおねだりする声も入っているので、イヤホンやヘッドホンを用意して見てほしいな。   続きを読む
003エンターテイメント

危機的なパンデミックの中で、自宅の中で生産的な活動を行っていた5人の偉人

 2020年3月11日、WHOが新型コロナウイルスのパンデミックを宣言した。以来、世界中の人々の生活が急速に変化している。  国によっては都市閉鎖や外出禁止令が出され、日本でも都市部では不要不急の外出自粛要請が出ており、家の中にいることが推奨されている。  今のご時世、インターネットもあるし時間つぶしに最適な娯楽はいくつもある。だが、かつての歴史的なパンデミックにおいてはやることも限られていただろう。  そんな中、社会から隔絶された苦難の時間を生産的で有益なことに費やした偉人たちがいた。危機的なパンデミックの中にあって、有意義な活動を行っていた思想家や芸術家の例を見てみることにしよう。 続きを読む
003エンターテイメント

そして盆栽は世界の趣味へ、盆栽専用サイト「JAPAN BONSAI」がオープンしていた件

image credit:YouTube  海外でも愛されている日本の文化は数多いが、盆栽もそのひとつだろう。  美しさはもちろん芸術性や佇まいなど魅力を語ればキリがないのかもしれず、さすが「BONSAI」という国際語が定着しているだけあるのかもしれない。  さて、これから盆栽を趣味にしてみようかな?なんて人はチェックしたい日本盆栽の情報ポータルサイト「JAPAN BONSAI」がオープンしていたようだ。  盆栽写真満載の盆栽ギャラリーや盆栽教室情報、盆栽用語解説など盆栽初心者にも優しい盆栽サイトとなっているんだ。 続きを読む
003エンターテイメント

外出制限されている子供たちに自宅から楽しみを。各地で広がる「熊狩り」ムーブメント

image credit:karabethc/Instagram  新型コロナウイルスによるパンデミックで、各地の学校が閉鎖となり、外出制限を厳しく命じられている国では、外で思いっきり遊べずに家の中で退屈に過ごしているという子供たちも決して少なくない。  ただ、十分な社会的距離を実行しながら、人の多くない場所での散歩を1日1回のみ認められている国もあるため、子供たちは短い時間をほんの少しだけ楽しむことも可能だ。  そこで最近、各地域で広がっているのがベア・ハンティング(熊狩り)ムーブメントだ。子供たちが道を歩くだけで楽しい気持ちになれるようにと、各家庭が窓辺に熊のぬいぐるみを置き、子供たちに笑顔をもたらしているという。 続きを読む
003エンターテイメント

みんなは外出制限中に自宅で何してる?ユーモアで乗り切ろうとしている人々の面白画像

 新型コロナウイルスの拡大を阻止すべく、世界各地で行われている自宅での待機措置。  その詳細は国や地域によってさまざまだけども、海外掲示板では長引く閉じこもり生活をなんとか乗り越えようとする人々が見出したユーモアの日々が大反響を呼んでいる。  健康なのはありがたいこと。でも家にいるのもなかなかつらい…という人の気分転換にもなるかもしれない画像の数々をごらんいただこう。 続きを読む
003エンターテイメント

レンチンだけでサクフワうまい!黒糖チョコチップマグケーキ&クッキーの作り方【ネトメシ】

 さてカラパイアにこんなお便りが届いた 最近海外のSNSなどでスプーンで食べるクッキーをよく見かけます。見た目はカップに入ったチョコチップクッキーなんですがスプーンですくうとチョコがトロッとしていてとても美味しそうです!食べてみたい!と思ったんですが材料、分量等英語でサッパリ…もしよかったらカラパイアクッキングで作っていただけないでしょうか? - けろり~んさん -  その望み、叶えましょう!  これは海外ではマグケーキと呼ばれるもので、基本的にはマグカップに材料を入れてレンジでチンして温かいうちに食べるというもの。直接マグカップで混ぜ合わせるので洗い物も少ないしすごく簡単。様々なレシピがあるが、カラパイアでは黒糖の風味を利かせておいしくアレンジした。更にはそれをオーブントースターでチンすることで、アメリカンタイプのさくふわクッキーも作ってみた。 続きを読む
003エンターテイメント

120年前のタイムカプセルに愛猫の写真のネガが!当時の少女の想いが現像と共に蘇る(フランス)

image credit: youtube  時代の移り変わりと共に、実に多くの出来事が目まぐるしく変化していく。しかし、大切なペットへの愛は時を超えて受け継がれていくものなのだということを実感した1人の写真家がいる。  フランス人のマシュー・スターンさんは、最近古い身内の家の地下から、1つのタイムカプセルを発見した。  調査したところ、そのタイムカプセルは120年ほど前のもので、中には当時1人の少女が大切にしていたいくつかの物と一緒に、とても可愛がっていたとみられる猫の写真のネガが入っていた。 続きを読む
003エンターテイメント

月面基地の建築材料に宇宙飛行士の尿を利用した資材が検討されている(ノルウェー研究)

ESA, Foster and Partner  人類が月で暮らそうと思うのなら、まずはきちんと暮らせる家が必要だ。小さな着陸機でもほんの少しの間ならどうにかなるだろうが、長期滞在するつもりならもっと寛げる空間がなければならない。  しかしながら、地球からそのための建材を月に送り届けようなど、コストがかかりすぎて、Amazonでも配達してくれないだろう。  そこで宇宙開発の研究者は、現地調達の方向で検討を進めている。その1つとして、宇宙飛行士の尿を利用したセメント不要のコンクリートを作り出すことが考えられている。 続きを読む
003エンターテイメント

猫?余裕っす。ガラス越しの鳥、猫の肉球攻撃を完全スルー

 家の窓ガラスの外側には鳥の巣箱がある。そこに餌をもらいにやってきた鳥。家の中には猫がいて鳥の気配に気が付いた。  すぐさま肉球を駆使して攻撃をしかけるのだが、鳥は知っている。自分は今「絵に描いた餅」状態であることを。  ガラスがあれば猫の攻撃など痛くもかゆくもないのだ。  だもんだからこの余裕の態度ったら! 続きを読む
003エンターテイメント

1200年前のバイキングの石碑には、未来の気候変動を予言したルーン文字が刻まれていた(スウェーデン研究)

kn1/iStock  1200年前にバイキングが花崗岩の石碑に刻んだメッセージは、気候変動を予言したものだったようだ。  ルーン文字研究の国際研究誌『Futharc』に発表され研究によると、碑文は、バイキングの戦士バーリンの息子が9世紀の戦いで死んだ後に書かれたもので、この中で、300年近く前に起こった気候に似た、新たな“気候危機”を予言しているという。 続きを読む
タイトルとURLをコピーしました