003エンターテイメント

003エンターテイメント

パイナップルを軽く超えた!スウェーデンで人気のピザトッピングはバナナ

image credit:twitter  新型コロナの影響で宅配人気が高まる昨今、日本ではフードデリバリーの定番であるピザの売れ行きが伸びてるそうだ。  手軽な一方、バラエティーに富むトッピングに迷いが生じるピザをめぐってはハワイアンピザでおなじみのパイナップルが許せる?許せない?議論が巻き起こってきたが、ここにきて北欧の国スウェーデンで愛される意外なトッピングがネットの度肝を抜いている。    首都ストックホルムのピザ店でよく見かけるのはなんとバナナ。また現地で人気のピザメニュー「トロピカーナ」ではトマトソースにカレーにパイナップル、そこにバナナのトッピングが外せないという。  長らくパイナップル一強とみなされてきた領域のななめ上行く超絶トッピング。その背景に迫ってみよう。 続きを読む
003エンターテイメント

孤児になった子ギツネが保護区へ。ある男性と出会った瞬間に深い絆を結び大親友となるまでの物語(イギリス)

image credit: youtube  猟犬に襲われて母親を失い、孤児となったキツネが野生動物救済団体の職員に保護され、保護区へと運び込まれた。  まだ小さなその子ギツネは、保護区を訪れた狐の保護活動を行っている男性にロックオン。いきなり近づくと男性の袖の中に入りこみ、そこで眠ってしまうほどに気に入ってしまったようだ。  男性は仮里親としていったんこのキツネを自宅で預かり、保護区に帰した後も両者は大親友として深い絆を結んでいるという。『Metro』などが伝えている。 続きを読む
003エンターテイメント

顔で賢さは判断できない。知性と顔立ちには関連性がないことが遺伝学研究で明らかに

photo by Pixabay  賢そうな顔をしている。そんな印象を抱かせる人がいるのは確かだが、遺伝学的な立場から言えば、知性と顔立ちにはあまり関係がないようだ。  国際的な研究グループによって、ヨーロッパ人の祖先を持つおよそ2万人を対象としたゲノムワイド関連解析が実施された。  その結果、顔立ちや脳の形状に影響を与える遺伝子座(染色体やゲノムにおけるそれぞれの遺伝子が占める位置)が特定されたが、それらは認知能力とはまったく無関係だったと、『Nature Genetics』(4月5日付)で発表されている。 続きを読む
003エンターテイメント

フォースの暗黒面の恐ろしさを知ってしまった犬。ダース・ベイダーが画面に映るとソファの後ろに隠れる

 フォースの暗黒面の恐ろしさに驚愕したのは人間だけではない。ゴールデンレトリバーのリリーもまた、その恐ろしさを知ってしまったようだ。  ソファでまったりとスターウォーズを鑑賞していたリリーだが、ダース・ベイダーが画面に登場するやいなや、そそくさとソファの後ろに隠れてしまうのだ。 続きを読む
003エンターテイメント

滅亡の日が近づいてきているのか?「終末の氷河」と呼ばれる南極の氷河の融解が予想以上に早いことが海底調査で判明

photo by Pixabay  南極ののワルグリーン海岸付近にあるスウェイツ氷河は「終末の氷河」と呼ばれるている。この氷河は温暖化によって徐々に解けており、もしそれが失くなってしまえば、海の水位に大きな影響を与えると考えられている。  このほどこの氷河の下にある空洞が史上初めて調査され、東から流れてくる海流の影響が過小評価されていたことが判明。その結果が『Science Advances』(4月9日付)で発表された。 続きを読む
003エンターテイメント

雨に歌えばいいコトあるかも?天から降ってくる贈り物に喜んだり怒ったりの動物たち

 4月も半ばに入った今日この頃だが、ちょっとだけ寒さを感じたり、雨が降ったりと落ち着かない天気のところも多いようだ。  そんなわけで、今回は雨や雪など、天から落ちて来るモノに興奮気味の動物たちをご紹介するよ。楽しんでね!  続きを読む
003エンターテイメント

意外な生物から教科書を書き換える発見。脳と目の神経ネットワークが進化したのは4億5000万年前の水の中だった

photo by iStock  目と脳はとても洗練された神経ネットワークでつながれている。今回、予想外のところから、その進化がこれまで考えられてきたよりずっと古いものであることが明らかにされた。  予想外のところとは、「ガー」というシーラカンスやギンザメに匹敵する古い魚のことだ。その目と脳を結ぶ神経を最新の技術で調べたところ、従来の説よりもずっと古く、少なくとも4億5000万年前には進化していたらしいことが判明したのだ。 続きを読む
003エンターテイメント

魚の廃棄物から生分解性プラスチックが作り出される

pixabay  言うまでもなく、プラスチックの原料は石油だ。気候変動がもたらす悪影響に対応するには化石燃料からの脱却が課題となっている。  プラスチック素材であるポリウレタンは、繊維製品、スポンジ、靴、自動車部品など様々な用途に使用されているが、廃棄されると分解まで何世紀もかかると言われておりそれに代わる素材が求められている。  そこで今回注目されたのが、世界中で年間5000万トンにものぼるとされる魚の骨や皮などの漁業廃棄物だ。  堆肥化できず単に「ごみ」となる魚の廃棄物を使用して、ポリウレタンに代わる生分解性バイオプラスチックを開発しているのが、カナダのニューファンドランドにある大学チームだ。 続きを読む
003エンターテイメント

オレは狩る!スマホゲームに夢中のカマキリ(カマキリ出演中)

 スマホには猫用に動く虫や魚のアプリがあるが、カマキリもこれが好きらしい。ドイツの昆虫愛好家でブリーダーの エイドリアン・コザキヴィッチさんは、飼っているカマキリたちのためにミニチュアの椅子やスマホ台を作り、そこでカマキリたちにアプリを見せている。  アプリの中で動く蝶々に夢中になっているカマキリ。狩ろうとしているあたりは猫みたいでかわいい。 続きを読む
003エンターテイメント

アメリカには91歳で働く警察官がいる。一度は引退するも職が恋しくなり、保安官補として再び復帰

image credit:fox29philly/Instagram  「年齢は単なる数字」と言われるが、社会には年をとってもまだまだ現役で頑張っている人たちが数多く存在する。  アメリカのアーカンソー州に住む91歳の男性もその1人。彼は、なんと現役の保安官補なのだ。  一度職を引退したものの、仕事が恋しくてすぐに復帰。2度目のリタイアの意思は今のところ全くなく、地域の人々に愛されながら元気に仕事を楽しんでいる。『Oddity Central』などが伝えた。 続きを読む
003エンターテイメント

個性的な顔立ちが原因で引き取り手が現れず1年も避難所にいた元野良猫、ようやく永遠の家族に巡り合える(ドイツ)

image credit:bebbybeansprout/Instagram  数年間、路上で野良暮らしをしていた猫は、その苦労ゆえか仏頂面が染みついてしまったようだ。複数の病気を患っていたが、施設に保護され治療が施されると、無事健康状態を回復した。  あとは飼い主を探すだけだ。施設側は飼い主募集を呼びかけるも一向に引き取り手が現れない。その原因はその仏頂面にあったようだ。  だが運命の出会いは突然訪れた。1年たってようやく個性的なこの猫の良さを理解してくれる永遠の家族が現れたのだ。 続きを読む
003エンターテイメント

人は問題を解決しようとする時、引いた方が理にかなっていても、何かをつけ足してしまう習性がある【ライフハック】

photo by Pixabay  ブロックのおもちゃで橋を作ることを想像して欲しい。片側には3つのブロックが積まれている。もう片方には2つのブロックが積まれている。  この状態から橋をかけるとしたらどうするか?ほとんどの人は2つのブロックに1つ足し、3つずつにすることで平らにして橋をかけるという。1つ減らして両方2つにするという選択肢もあるのにもかかわらずだ。  『Nature』(4月7日付)に掲載された研究によると、人間が何かを解決しようとするとき、そこから”差し引く”のではなく、とりあえず”つけ足す”ことを選ぶ習性があるのだそうだ。 続きを読む
003エンターテイメント

愛情ビーム!飼い主をうっとり見つめる犬や猫たちの写真

credit:reva_r  犬や猫たちの視線の先には飼い主がいる。一点の曇りもない澄んだ目で見つめられる飼い主の、半分くらいはつま先からくるぶしあたりまでとろけてしまいそうになるだろう。  海外掲示板人気のスレッド「r / Catsmirin」と「r/DogsMirin」には、ペットに見つめられている飼い主たちのが次々とシェアされている。その視線の先を自分と置き換えてみることで究極の癒し効果を得てみようじゃないか。 続きを読む
003エンターテイメント

5000年前の精巧に彫刻された石球の謎(スコットランド)

credit:heraldscotland  スコットランドで、先史時代の石の球が500個以上も発見された。驚くのは、これらひとつひとつに非常に精巧な螺旋、円、曲線、滑らかなカーブなどの模様が描かれていることだ。  現在でも、家の装飾品として十分に使えるほどのできだ。さらに、熟練の職人技を思わせるコブのようなものや、小さなプラミッドがついていたり、Covid19コロナウィルスそっくりの円や突起のついた模様もある。  非常に謎めいていて好奇心を煽られ、庭の装飾物なのか、文鎮なのか、窓枠の飾りか、いったいこれらはなんのために使われたものなのか、議論が尽きることはない。  そして今、スコットランド国立博物館で、5000年前のこれら装飾ストーンボールの謎を解き明かすべく、新たな試みが行われている。 続きを読む
003エンターテイメント

子犬「こいつは絶対にボクが守る!」と、妹を抱きしめて離さないお兄ちゃん犬

 きょうだいって小さいときは仲が良くても、だんだんと成長するうちにケンカが増えたり疎遠になったりする場合もあると思うんだ。  今回お届けする動画には、「妹いのち!」とばかりに必死に守ろうとするけなげなお兄ちゃん犬が登場するよ。もしかしたらきょうだいのいる人もいない人も、こんなお兄ちゃんが欲しいな!って思ってしまうかもしれない映像なんだ。楽しんでね! 続きを読む
003エンターテイメント

海洋生物が赤道から冷たい水に逃げ出している。大量絶滅の兆候なのか?

photo by iStock  色とりどりのサンゴ礁や熱帯魚など、豊かな生態系で知られる赤道直下の海だが、今、そこに住んでいた海洋生物たちは、冷たい水のある場所へ逃げ出しているそうだ。  『PNAS』(4月13日付)に掲載された研究では、赤道の海がすでに多くの種にとって熱くなりすぎていると警鐘を鳴らしている。地球温暖化が原因だ。  地球の歴史を振り返ると、海洋生物の9割が死に絶えた大量絶滅期にまったく同じ傾向が見られたそうだ。  続きを読む
003エンターテイメント

ヘアカラーも進化する。デジタルプリントで髪に模様をつける時代がすぐそこに

image credit:alexisferrer01/Instagram  また髪の話をしよう。今回はヘアカラーに関してだ。髪型や色はその人のアイデンティティを表しており、個々に好きなスタイルがあるだろう。  近年、白髪を染めずにありのままの自分を受け入れる「フリー・ザ・シルバー」運動が広がりを見せる一方で、ヘアカラーの技術が究極進化を見せている。  スペインのバルセロナ在住のスタイリストは、試行錯誤の末に、髪の毛に精巧な模様を直接プリントする技法を生み出した。まるで髪の毛がキャンパスになったようだ。『Oddity Central』などが伝えている。 続きを読む
003エンターテイメント

驚異のアナモルフォーシス。がらくたの組み合わせが見る角度を変えると有名な絵画に!

 「アナモルフォーシス」とは、ゆがんだ物体を、何かに投影したり、見る角度を変えること新たなる形が見えてくるデザイン技法のことである。  上の画像を見て欲しい。がらくたがランダムに組み合わさっているようにしか見えないが、一定の角度から見ると、ある人物の顔が現れる。 続きを読む
003エンターテイメント

アメリカでチップが重要な理由。あるバーテンターの女性が給与明細をSNSでシェア

photo by iStock  欧米ではレストランやバー、ホテルやヘアサロン、デリバリー、タクシーなど、何らかのサービスを受けた時にチップ(謝礼)を支払う文化がある。  特にアメリカではチップは必須である。あらかじめチップの収入を見込んで、労働者らの基本賃金が驚くほど低く定められているからだ。どれくらい基本賃金が抑えられているのか?あるバーテンダー女性が給与明細を明かしてくれた。 続きを読む
003エンターテイメント

羊の犬化。母親から育児放棄された羊、飼い犬と一緒に育てたところ自分を犬だと思い込むように

 通常羊は群れで暮らす。しかし、イギリスの農場にいる羊は、自分を犬だと思っているふしがあるという。  生まれて間もなく母親から育児放棄され、群れから拒絶されてしまったため、農場の経営者が7匹の飼い犬がいる環境の中に置いたところ、犬のようなふるまいをするようになったという。  とは言え生物学的には羊なので、犬には完全になり切れていないのだが、いっぱしの犬として行動するその姿は、家族のみんなの笑顔を誘うという。 続きを読む
003エンターテイメント

アリだって孤独が辛い。孤立したアリは人間と同じようにストレスを感じているという研究結果

photo by Pixabay  新型コロナウイルスの影響で、思うように人に会えず、寂しい思いをしている人もいるだろう。だが孤独を感じているのは人間だけではない。小さなアリですらも、同じように孤独の辛さを感じているようだ。  きわめて高度な社会生活を営んでいるアリもまた、孤立することに対してストレスを感じ、人間をはじめとする社会的な動物と同じような反応を示すことが『Molecular Ecology』(3月27日付)に掲載された研究で明らかとなった。 続きを読む
003エンターテイメント

ニクイ!エリザベスカラー、ニクイ!犬による1週間後の復讐

 犬のリブは去勢手術の為、エリザベスカラーの装着を余儀なくされた。エリザベスカラーは、傷口を舐めて悪化させないようにするための円錐台形状の保護具なのだが、動きを制限されてしまう。  リブは1週間後、ようやくエリザベスカラーをはずし、外に出ることが可能となったのだが、よっぽどフラストレーションがたまっていたのだろう。  「こいつが、こいつのせいで!」と言わんばかりに、徹底的にエリザベスカラーに制裁を与えていたようだ。 続きを読む
003エンターテイメント

医師らを欺きウサギや猫を出産したと信じ込ませた女性、メアリー・トフトの物語

credit:HistoryVille  1726年8月、イングランドのサリー州ゴダルミング出身の25歳のメアリー・トフトは流産した。ところがその後、数ヶ月にわたって、メアリーはウサギ、猫などさまざまな動物を産んだという。  同年9月27日、隣人や義母が見つめる中、メアリーは産気づいた。通常なら出産のときは、医師や産婆がとり上げた赤ん坊の無事をチェックしてから母親に手渡すが、メアリーの腹から肝臓のない猫らしきものが産み落とされたため、義母たちはびっくりした。 続きを読む
003エンターテイメント

アニメに集中したい彼氏と自分に構ってほしい彼女?猫たちの動画鑑賞のスタンスが若干違っている件について

 誰かと映画を観に行ったとき、いやおうちの画面で鑑賞しているときでもいい。お互いの集中度が違っていたりすると、つい相手の動きや反応が気になってしまうことはないだろうか。  もしかするとこの猫たちも、「もっと映画に集中させて!」「画面よりも私を見て!」などと思っているのかもしれない。 続きを読む
003エンターテイメント

空気中に残留する動物のDNAを採取することに成功。動物の生態調査や人間の犯罪捜査に役立つ可能性

photo by iStock  我々の体を作り上げるために必要不可欠なDNA。そんな大切なものを、私たちはあちこちに落とし物している。そしてそれは空気に舞って漂っている。  このほどロンドン大学クイーン・メアリーの研究グループが、そうした動物のDNAを空気から史上初めて回収することに成功したそうだ。 続きを読む
003エンターテイメント

「時計じかけのオレンジ」で少年たちが被る帽子にこだわり見せたキューブリック監督。ボツとなった帽子の数々

credit:A Clockwork Orange / Warner Bros. Entertainment  1972年に公開された映画「時計じかけのオレンジ」は、人間の内に潜んだ非人間性を見事にあぶりだしたスタンリー・キューブリック監督の代表的な作品だ。  15歳のアレックス・デラージをリーダーとする少年4人組「ドルーグ」たちの服装も象徴的で、黒い帽子に白の上下にがトレードマークとなっていたが、キューブリック監督は、その帽子1つにもこだわりを見せていたようだ。  最終的にあの紳士的な山高帽に決まる前、様々な帽子が候補として挙がっていたそうだ。彼らがテスト的に様々な帽子を被っていた画像がSNSに投稿されている。 続きを読む
003エンターテイメント

いったいなぜ?海外のホテルに「420」号室がない理由

 日本では末尾が4(死を意味する)や9(苦)がないホテルやマンションが存在する。4や9という数字が忌み数(不吉であるとして忌避される)だからである。そして海外では13という数字が忌み数に当たるため、ホテルなどには13階や13号室がない場合が多い。  ここまでは「あー、そう言えば聞いた事があるな」と思う人がたくさんいるかもしれない。しかし、アメリカやカナダ、イギリスなど海外のホテルにはもう1つ避けられている部屋番号があった。それが420号室なのである。  今まさに420号室のホテルやマンションにいるおともだちはギクっとしたことだろう。いったいなぜ420号室は避けられているのだろうか?  それにはこんな理由があった。 続きを読む
003エンターテイメント

産まれる~!スピード違反で止めた車には出産直前の妊婦が!警官がお産を手伝う(アメリカ)

pixabay  時に、陣痛は予期せぬ状況で起こり、とんでもない場所で赤ちゃんが誕生するというケースがある。  このほど、アメリカのフロリダ州で、陣痛を起こした女性を夫が病院に運ぶ途中、スピード違反で警察に追跡されるという事態が発生した。  一刻を要する出来事に遭遇したハイウェイ・パトロール隊は、パニックに陥る妊婦を路上脇の草むらで夫と共に介助。間もなくして、赤ちゃんは無事に誕生した。『Inside Edition』などが伝えている。 続きを読む
003エンターテイメント

春キャベツが甘いので、サバ缶を使って最高のおつまみを作ってみた「サバキャベチーズの油揚げ包焼き」【ネトメシ】

 今年の春キャベツは甘い!と感じているのは私だけだろうか?とにかく甘いのでいろんな料理に使いたい。そこで今回、栄養価が高く人気も高いサバ缶とコラボさせた最高のおかずを作ってみたよ。  作り方は簡単。サバ缶、キャベツ、チーズ、調味料をまぜたら油揚げで包んでチーズをのっけてトースターで焼くだけ。  ご飯のおかずにはもちろん、お酒のおつまみにも最高なので是非一度作ってみて欲しい。健康的にもおいしさ的にも完璧なんだぜ。 続きを読む
003エンターテイメント

路上をさまよっていた捨て犬は、藁をもすがる思いでカップルの後をついて行った。その姿に心打たれたカップルは…

image credit: youtube  路上をさまよっていたその犬は、とても人懐っこく誰かに飼われていたことがあったのかもしれない。ずっと愛に飢えていたようで、やさしく接してくれた1組のカップルの後をずっとついていった。  カップルが家につくまで懸命に後をついてくる。その姿に心打たれたカップルは、犬を家族の一員として迎え入れることに決めた。  実は、このカップル、ブルガリアの路上で暮らす犬猫たちを少しでも多く救うため、動物保護施設を建てる夢を持った動物好きな2人だったのだ。 続きを読む
タイトルとURLをコピーしました