南極の棚氷に大きな亀裂が入り、巨大氷山が分離する

003エンターテイメント
この記事は約1分で読めます。

南極の棚氷がひび割れて巨大氷山が誕生
 南極にある、厚さ150メートルの「ブラント棚氷」は2020年11月に巨大な亀裂が観測されていたが、それが大きく成長した結果、ついに分離して巨大な氷山が誕生したそうだ。
 氷山の面積は1270平方キロメートルと、東京都23区の約2倍の大きさもある。
続きを読む

タイトルとURLをコピーしました