集中治療室の新生児を14年間抱っこして癒し続けたボランディア男性が86歳で逝去(アメリカ)

003エンターテイメント
この記事は約1分で読めます。

病気の新生児に無償の愛を与え続けたおじいさん
病気の新生児に無償の愛を与え続けたおじいさん image credit:childrensatl/Instagram
 アメリカのジョージア州アトランタにある小児病院「Children’s Healthcare of Atlanta」で、14年にわたり集中治療室の新生児に愛情を注ぎ、抱っこするボランティアを続けていた男性が、がん闘病の末、今月14日に86歳で旅立った。
 長期入院を呼びなくされている子どもたちと長年触れ合ってきた男性は、子供らの親や病院関係者から“ICUグランパ(集中治療室のおじいさん)”と呼ばれて親しまれていたという。『11alive』などが伝えた。
続きを読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました