ホログラムの時代がついにやってくるかもしれない。転送ポッドのような等身大の投影デバイスが開発される

003エンターテイメント
この記事は約1分で読めます。

等身大のホログラム投影デバイス
 ホログラム投影と言えば真っ先に思い浮かぶのがスターウォーズでR2-D2が映し出したレイア姫だ。あれから45年、VR(仮想現実)技術も進化しテレポーテーションさながらの実在感溢れるデバイスがついに登場したようだ。
 「PORTL(ポータル)」は、カメラで撮影した自分の実物大のホログラムを、電話ボックスのようなスクリーンにリアルタイムで投影できるという。
続きを読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました