2020-08

003エンターテイメント

湖の半分が紫色に染まる異変。一体何が起きているのか?(パラグアイ)

湖の水半分が紫色に染まる異変 image credit:leonardodicaprio/Instagram  南米パラグアイの都市リンピオにある湖が、半分は青色、もう半分は紫色に変色するという異変が起こっている。  ここ3か月ほどこの状態が続いているというが、いったい何が起きているというのだろう?『fox news』などが伝えている。 続きを読む
003エンターテイメント

「それボクの!絶対に渡さないんだから!」リクガメと犬のボール大好き追いかけっこ

image credit:Facebook 「ウサギとカメ」のお話を思い出すまでもなく、カメと言えば「歩みののろい」生き物というイメージができあがっているようだ。  だがこのカメってヤツ、意外と素早く動くんだ。ハッと気づいたら急接近。決してのんびりゆっくり歩いているだけの生き物じゃない。  オマケにいろいろ追いかけ回すのが大好きときている。そこにボールがあったなら、どこまでも追いかけていくのがカメ。このわんこ状態のカメから、わんこがインターセプトを試みたのだが…。 続きを読む
003エンターテイメント

レアケース。父親の異なる双子が体外受精で誕生(イギリス)

父親の異なる双子が誕生 image credit:Fallon Michael/Unsplash  異なる父親からの双子が生まれるという確率は、非常に稀なケースだが全くあり得ない話ではなく、ある研究では400組に1組が「父親が違う双子」というデータもあるようだ。  生命の誕生はいずれにおいても神秘的であり、特に長期にわたって子供を授かることを望んでいたカップルにとっては、それぞれのDNAを受け継いだ双子の誕生は夢のような出来事だ。  去年、イギリス在住の男性カップルがその夢を実現させた。カナダにいる代理母を介して匿名の卵子を使用し2人の精子と受精させたところ、それぞれの胚が着床、父親が異なる双子の赤ちゃんが無事に生まれたのだ。『Upworthy』などが伝えている。 続きを読む
003エンターテイメント

ちょっと一休み。頭を柔らかくする2つの旅人クイズ

頭を柔らかくするクイズ/ Pixabay  8月もいよいよ終わり、暦の上では秋がやってくる。今年の夏はコロナの影響で自粛生活を強いられた人も多かったことだろう。  マスクを装着し、社会的距離を取るという感染予防はそのままに、頭を切り替えて新たなる季節を迎えよう。  ということで、ちょっと頭を柔らかくするためにクイズをやってみようじゃないか。あなたは旅人として、戦士と貴族だけが住む異世界へとやってきた。  さあ、クイズがはじまるよ。 続きを読む
003エンターテイメント

ついに公開。電脳化デバイス「Neuralink」の詳細がブタを使った実演で明らかに

電脳化デバイス「Neuralink」の実演公開 image by:youtube  先日お伝えしたように(関連記事)、「Neuralink(ニューラリンク社)」が開発を進める脳直結型装置の進捗状況が8月29日(日本時間)イーロン・マスク氏によって発表された。  その最新版は「LINK V0.9」と呼ばれ、ブタを使った実演でその詳細が明らかとなった。 続きを読む
003エンターテイメント

もふもふ真っ白の別羊に変身!シャワーを浴びた羊のビフォア・アフター(羊カフェ)

image by:thanks_nature_cafe_ / Instagram  世の中には様々な動物カフェが存在するが、今回は羊と触れ合える羊カフェからの面白画像である。  2匹の羊が看板動物となっている羊カフェでは、かわいい羊と触れ合えると評判で、地元の人々だけでなく世界各国からいろんな人が訪れるという。  今回カフェの羊がシャワーを浴びて別羊になった姿がネット上で話題となっているようだ。薄汚れてしおしお状態の毛が、動物シャンプー入りのシャワーを浴びると一変!ふわっふわでもふもふの真っ白な羊へと大変身する。 続きを読む
003エンターテイメント

保護された子猫、バイオリニストが仮里親になったところ、バイオリン大好き猫に!(フランス)

捨て猫とバイオリン image credit:estherabrami/Instagram  フランスにある動物救助保護施設へと預けられた1匹の子猫は、ひょんなことからバイオリンの音色が大好きになった。子猫の仮里親となった女性が、プロのバイオリニストだったのだ。  初めて演奏を間近で聞いてから、その音色に魅了された子猫。永遠の家が見つかった時にも、引き取った一家は子猫を配慮して、バイオリニストの奏でるバイオリンを録音し、一緒に持ち帰ったという。 続きを読む
003エンターテイメント

アンモニアが燃料。二酸化炭素を排出しない飛行機用ジェットエンジンが開発中(イギリス)

アンモニアをジェットエンジンの燃料に / Pixabay  現在、アンモニアをジェットエンジンの燃料として使う研究が進められている。アンモニアとはそう、人体においては、尿素に含まれるツーンとする匂いのあのアンモニアである。  イギリスの航空宇宙企業「リアクション・エンジンズ社」と「科学技術施設研究会議(STFC)」が目指すのは、最先端の熱交換技術と触媒を組み合わせて実現する化石燃料を使用しない、カーボンフリーな空の旅だ。 続きを読む
003エンターテイメント

犬の身体能力すごい!地面に落とさずに風船をトスしつづける犬

 白い風船で飼い主と遊ぶ犬。んなルールを設定したのかはわからないが、地面に風船を落とすことなくトスし続ける。  映像は42秒だが、その間犬は、飼い主の補助を借りながらも何度もトスをし続け、一度も落とさないってすごくない? 続きを読む
003エンターテイメント

廃墟となった映画館探訪。2006年に打ち捨てられていた映画館はまだ電気が通っていた

 アメリカの某所にある大型映画館は2006年に放棄され、取り壊されることなくその場に残されているという。  まだ電気が通っていたようで、ノスタルジアに浸りながら、誰もいなくなった映画館内を探訪することができたようだ。 続きを読む
003エンターテイメント

猫氏「おねがい、蛇口を回してくれニャい?」と、猫に優しい街イスタンブールで当然のようにおねだりする

 もうすぐ9月だというのに、猛暑日が続く日本列島。みんなちゃんと水分補給はしているよね?  トルコでは新型コロナウイルスの影響で、公園の水飲み場などの使用が禁止になっていたようだが、このほどそれが解禁になり、早速こんな光景が目撃されていた。 続きを読む
003エンターテイメント

地球の生命はやはり宇宙から来ていたのか?細菌は宇宙空間で何年も生き続けられるという新たな証拠(JAXA)

パンスペルミア仮説/iStock  風に乗って遠くまで旅するたんぽぽの綿毛のように、小さなバクテリアもまた広大な宇宙をただよって旅ができるだなんて想像したことはあるだろうか?  それは単なる夢想家の絵空事などではなく、これが地球で営まれている生命という現象のはじまりなのかもしれないと、真剣に考える科学者たちがいる。  こうした地球の生命の起源は宇宙からやってきた微生物であると考える仮説のことを「パンスペルミア仮説」という。  続きを読む
003エンターテイメント

畑のど真ん中に金庫が放置されていたという未解決ミステリー(アメリカ)

いったいなぜ?畑の真ん中に金庫が出没 image credit: youtube  アメリカのニューヨーク州にある農地のど真ん中で、大型の金庫が発見された。  誰が、いつ、なぜその金庫を農地に放置したのかは全く持って謎のようだ。しかし、農地の所有者である男性は、「謎は謎のまま置いておいた方がいい」と述べているという。『13abc WHAM』などが伝えている。 続きを読む
003エンターテイメント

動物園でリハビリ中のペンギンが、ペンギンアニメ「ピングー」を見て孤独を癒す(オーストラリア)

image credit:7NEWS Adelaide/Twitter  今月、オーストラリアのパース動物園に、保護された絶滅危惧種のキタイワトビペンギンがやって来た。  そのペンギンは羽毛の脱皮問題を抱えており、すぐに野生に戻すことは生存の危機に晒されるため、しばらく園内でリハビリを行うことに。  園での仲間とも離れ1匹だけでリハビリ中のペンギンに、飼育員は寂しくないようにとアニメ「ピングー」などの動画を見せて、元気づけているという。 続きを読む
003エンターテイメント

昭和の洋食屋さんの味。懐かしくてこうばしい、炒めたらこスパゲティの簡単レシピ 【ネトメシ】

 たらこスパゲティっていつ頃から登場したのだろう?と思ってググってみたら、1963年~1967年(昭和38年~41年)、東京都渋谷区のスパゲッティ専門店「壁の穴」でお客様のリクエストにより誕生したそうだ。  今や和風スパゲティの定番メニューとなり、様々なアレンジがある。一般的なのは、生のたらことパスタを絡めたものだけど、私がよく通っていた洋食屋さんでは麺とたらこを炒めたものが定番で、それが好きすぎて今でも定期的に作ったりしている。  ということで今回は、クマ姉さんに昭和の洋食屋さん、というか宇都宮のとある洋食屋さんの炒めたらこスパゲティのレシピを再現してもらった。  男性にも簡単に作れるので、チャレンジしてみてほしい。   続きを読む
003エンターテイメント

犬がもたらすのは愛情だけじゃない。飼い主へと運んできた仰天の品々

犬からの贈り物image credit:Reddit  愛情深い犬たちはそこにいるだけでかけがえのない存在だ。しかし中にはあふれんばかりの愛のみならず、意外なものを運ぶ犬もいる。  その中身は幅広く、犬的に良かれと思ったものものあれば、たまたま見つけた素敵なもの、さらにはものじゃなくって友だち?など飼い主もびっくりなケースもまれにある。  とにもかくにも「これはどう?」「ちょっと見て!」「すごいでしょ?」って表情豊かな犬チョイスのお届けものを見てみよう。 続きを読む
003エンターテイメント

風力発電の羽根(ブレード)を黒く塗るだけで鳥の衝突死が70%減少(ノルウェー研究)

風車の羽を黒く塗ると鳥の衝突死を抑えられる/iStock  風力発電は、きちんとした条件のもとで使用すれば、天然ガスよりも安く、それでいて余計な二酸化炭素を排出しないクリーンな再生可能エネルギーだ。  他の発電施設に比べて、見た目的にも人との親和性が高く、付近に設置されることへの抵抗感が少ないというメリットもある。  そんなクリーンなエネルギーだからこそ、2019年には60ギガワット以上もの風力発電タービンが新たに設置されるなど、世界で急速に普及が進んでいる。  だが良いことばかりではない。鳥が風車の羽(タービン)に衝突して命を落とすというケースが相次いで報告されているからだ。現在その対策として検証が進められているのは、羽に色を塗る試みだ。 続きを読む
003エンターテイメント

フッ、やっとはいれたぜ。猫が窓の隙間から無事帰宅?いいえ、うちの猫じゃありません

 その猫は家の中に入ろうとしていた。窓は閉まっているがその上にある換気用の倒し窓は開いている。  そこで猫は、ジャンプして倒し窓の桟(さん)に手をかけ、前脚の力で懸垂のように上体を引き上げ、倒し窓の隙間からの侵入を試みる。  作戦成功!無事家に入れてよかったねっと思うだろ?  でもこの猫、この家の飼い猫じゃないのだ。 続きを読む
003エンターテイメント

UFOなのか?ロシア人宇宙飛行士が南極上空に5つの謎の光を目撃、その映像を公開

ロシア人宇宙飛行士が目撃したUFOの正体は? / Pixabay  「隕石や人工衛星だろうか? それとも――?」  ロシアの宇宙飛行士、イワン・ヴァグネル氏が自身のTwitterで奇妙な映像を公開している。  その映像は国際宇宙ステーション(ISS)から南極上空のオーロラを撮影したもの。9~12秒のあたりで、さっと移動する5つの謎の光が映し出されている。  この一件はすでにロシアの宇宙開発関連国営企業ロスコスモスに報告され、ロシア科学アカデミーの専門家による分析を受ける予定であるという。 続きを読む
003エンターテイメント

今週のベストペットたち~日常に必須なのはコレ!動物たちと分かち合いたい笑顔と優しさ総集編

 今週もようやく週末がやって来たね。みんな1週間お疲れさま。週末も忙しいお友だちも、ちょっと一息入れておこう。  愉快で笑えて、ちょっぴり胸キュンな動物たちの動画をお届けするので、ほっこりまったり和んでほしい。 続きを読む
003エンターテイメント

ロシアが世界最大の核爆発映像を公開

 今月ロシアの原子力部門が長期にわたり機密資料だった世界最大の核爆発映像を公開した。  ネットをざわつかせるその映像は、1961年にソビエト連邦が行った50メガトンの水素爆弾「ツァーリ・ボンバ(爆弾の皇帝)」の爆発実験だ。  人類史上最大の威力をもち、アメリカの諜報機関に察知されるまで実験自体も極秘だった恐るべき単一兵器。その爆発は身も凍るほどの凄まじさだ。 続きを読む
003エンターテイメント

科学に裏付けられた、この世で最も不快な悪臭をもつ6つのモノ

 この世でひどく臭いものと言われたら何を連想するだろう?  人間が臭いと感じる原因はその物質の分子構造と生存本能の1種ではないかと言われている。だが特定の臭いに関しては個人差もあることから、一筋縄ではいかないようだ。  ここでは「臭い」に関する科学的研究と、そこからお墨付きを得た6つのモノを見ていこう。   続きを読む
003エンターテイメント

装着してレースができる巨大パワードスーツが誕生(カナダ)

巨大パワードスーツが誕生、未来のエクストリームスポーツ image by:FURRION  巨大なパワードスーツを装着し、ライバルたちとバトルを繰り広げながら、障害物満載のコースを爆走する。  そんなアニメみたいなレースが現実になる日がついに来たようだ。  「フュリオン・エクソバイオニクス社(Furrion Exo-Bionics)」が10年の開発期間を経て誕生したのが、このパワードスーツ「プロステーシスProsthesis)」だ。 続きを読む
003エンターテイメント

ベルギーのバーガーキング、注文商品をプリントしたマスクを配布するキャンペーン、マスクを見ただけで注文内容がわかる

バーガーキングのアイデアマスク image credit:Burger King Belgique/Facebook  ポストコロナ時代の今、ピンチをチャンスに変えるべく、様々な企業が独創的な発想で巻き返しを図っている。いつも斬新なアイデアでネットをにぎわしているバーガーキングもそんな企業の1つだ。  バーガーキングでは5月にもドイツの店舗で、社会的距離実現のために顧客に巨大な王冠を配布するというユニークなアプローチを図ったが、今回はベルギーの店舗のキャンペーンが注目を浴びている。  顧客の注文内容をプリントしたフェイスマスクを希望者に配布するという試みだ。マスクを見るだけで顧客の注文がわかるため、話す必要もなく、もちろんマスク着用本来の意図である飛沫感染も予防できる、まさに一石二鳥のアイデアだ。『wersm.com』などが伝えた。 続きを読む
003エンターテイメント

兄弟姉妹あるある。理不尽だけど心配しちゃう、

きょうだいあるある 1494202/pexels  きょうだいは、年齢も近いし、血がつながってるし、一番近い関係ではあるものの、一筋縄ではいかない何かがあるようだ。  いなければよかったのに、と思うこともあれば、いてくれてよかったと思うこともあるし、理不尽な思いをしたり、助けられることもある。  そんなきょうだい関係にまつわる「あるある」が海外のTwitterでつぶやかれていた。そのいくつかを紹介するので、共感したりしなかったりしてみよう。 続きを読む
003エンターテイメント

ベージュ色のラブラドールの母犬から生まれた13匹の子犬は全部黒色!(イギリス)

ベージュ色のラブラドールが13匹の小犬を出産、全員黒!image by:news today / Youtube  イギリスのサマセット州で、ベージュ色(イエロー)のラブラドール・レトリバーが13匹の子犬を無事出産。  どの子もみんなかわいいけれど、その全員が黒!オールブラックだ。  実は父親が黒色で、小犬たちは全員父親の色を受け継いだようだ。予想以上の子犬の数とその色に驚いた飼い主は、うれしい悲鳴をあげつつ、子育てに大忙しの日々を送っているという。『Lad Bible』などが伝えている。 続きを読む
003エンターテイメント

死際に断末魔の叫びをあげ、仲間に危険を知らせる細菌が存在する(米研究)

悲鳴を上げ仲間に危険を知らせる大腸菌/iStock  目の前に危険が迫っている。自分はもうだめだけど仲間は助けたい。そう感じるのは、人間、動物、植物のみならず細菌も同様のようだ。  細菌の中には、死際に断末魔の叫びをあげ、群れの仲間に危険を知らせる種がいるのだそうだ。それは進化をうながし、薬剤耐性を獲得させることすらあるという。 続きを読む
003エンターテイメント

狼好き必見!狼の遠吠え画像をスムーズにつなぎ合わせたハイパーモーション動画

 デジタルアーティストのYehonatan Bary氏は、googleで「Wolves howling and growling(狼の遠吠えとうなり声)」と検索して出てきた画像70枚をモーショングラフィックソフトを使用し、ハイパーモーション動画を作り上げた。  様々な狼がスムーズに切り替わりながら、大きな流れとなって遠吠えとうなり声を表現している。狼がもりもりでてくるので狼好き必見の映像である。 続きを読む
003エンターテイメント

死んだはずの女性、葬儀場の遺体袋の中で生きていることが判明(アメリカ)

死んだはずの女性が生きていた!blueberrykings111/pixabay  アメリカのミシガン州で、死んだはずの女性が生きていたという事態が発生した。  救急隊員や警察が駆け付けるも、女性は心肺停止状態になっており、蘇生の気配が全く見られなかったことから、家族には女性の死亡宣告がなされた。  しかしその後、葬儀場の遺体袋の中で女性が呼吸をしていることが発見されたのだ。『ClickOn Detroit』などが伝えている。 続きを読む
003エンターテイメント

子猫の視線の破壊力ときたら。猫は好きじゃなかったお父さんが恋に落ちた瞬間がこちら

image credit:Reddit  「今まで猫なんて好きじゃなかったのに」という前置きがあるお話には必ずひとつのエンディングを迎える。運命の猫(時として複数)に出会い幸せな飼い主としての人生を過ごすことになるのだ。  海外掲示板Redditにて、野良子猫をひきとった男性が運命を感じて人生変わってしまった様子が話題を呼んでいた。 続きを読む
タイトルとURLをコピーしました