ラグナロク、北欧神話で語られる世界の終わり

003エンターテイメント
この記事は約1分で読めます。

ラグナロク、北欧神話における世界の終末
ラグナロク、北欧神話における世界の終末/iStock
 「ラグナロク」と聞くと某オンラインゲームを思い出してしまいがちだが、その本来の意味は、神々の運命を示し、北欧神話の世界における終末の日のことである。
 
 その日、炎の巨人と霜の巨人が神々に戦いを挑み、世界は炎に包まれ、海中に没するという。
続きを読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました