ハスキー犬の先祖はそり犬のルーツ。約1万年前からシベリアで犬ぞりを引いていた(アイルランド研究)

003エンターテイメント
この記事は約1分で読めます。

シベリアンハスキーの犬ぞり
ハスキーの先祖は1万年前からシベリアで犬ぞりをひいていた / iStock
 雪深く寒い地域では、移動手段として人間が犬にそりをひかせる「犬ぞり」が古くからおこなわれていた。その犬種の系譜を辿るとシベリアに行き着くそうだ。
 『Science』(6月26日付)に掲載された研究によると、シベリアン・ハスキーやアラスカン・マラミュートといった今日でも人気の犬種は、9500年前にシベリアにいた血統の子孫で、北極圏で生きる人々にとって欠かせない存在だったという。
続きを読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました