サボテンが革素材に「ヴィーガンレザー」が開発される(メキシコ)

003エンターテイメント
この記事は約1分で読めます。

サボテン革
image credit:サボテンから作られたフェイクレザー desserto.pelle/Instagram
 動物の皮を使った本革は、バッグや靴、財布などに幅広く使用されているが、皮をなめす工程において大量の化学物質が使用されることでの環境汚染や、乱獲による種の減少などの問題がある。
 そのため、近年ではナイロンやポリエステル、ポリウレタンなどの合成樹脂層をコーティングして作る合皮(フェイクレザー)の需要が増えているものの、やはりこれも環境にはやさしくない。
 そこで今回新たに開発されたのは、サボテンを使った「ヴィーガンレザー」である。この素材なら持続可能な生産の実現が見込めるし、環境に配慮されている。
続きを読む

コメント

タイトルとURLをコピーしました